読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんアラサー女の欲まみれの戯言集

見た目はキラキラ女子、中身はおっさんのアラサー女のゆきびっちがアート以外のことを語るサブブログになります。

雑記:29歳という天元を突き破ったら、私を信じる私(30)が見えてきた話

こんにちは、ゆきびっちです。
随分ご無沙汰してすみません。今回はだらだらと思ったことを書く雑記です。

 

今年の1月にめでたく30歳になりました。
アラサーで濁していたものが、「三十路」と明記できるようになり、嬉しいような悲しいような。

 

しかし先輩と話をしていて、納得したことがひとつ。
改めて自分の中で30歳と向き合ってみると、案外その年齢に対して腑に落ちている感じがあるということ。

正直30歳になるまでは、「もう30になる・・・結婚、恋人、あーもう時間ない!」ってただただ焦っていました。


しかしそれはあくまでも数字のトリックで、29という数字の一の位が9で、数字の一番の上の数字、言うなれば天井です。
ホラー映画などのワンシーンでよく見る、部屋の中に水がどんどん入り込んできて、主人公たちが息をするために、天井すれすれまできた水面から口だけを出しているような。
そんな「てっぺん」という圧迫が、29にはありました。

しかし、30歳になってみると、一の位がゼロに戻ってしまったので、てっぺんに近づくまであと10年間あるなと、心の余裕が出てきたのです。

こんなことを言っていると「そんな悠長なことを言ってるんじゃねぇ、婚期逃すぞ」とか「20代の10年間と、30代の10年間は違うぞ」なーんて分かり切った野次を飛ばす人も出てくるかもしれません。

うっせーな、わかってんだよ。

でも30歳になった今、20代よりも確実にスキルが増え、視野が拓けている。
だからこそ仕事においても、恋愛においても、友人や家族、自分に対しても、どう働きかけるか、伸び伸びと考えて、できる気がする。

筋肉がほぐれてきたというか、ふてぶてしくなったというか笑
素直に、30代って楽しみと思える自分を嬉しく感じています。

 

でも、20代最後のほうの圧迫が、悪いものだったかというと、そうでもない。
むしろその葛藤があったことで、人生のフェーズを変えることができたと考えています。
友人達と「うちらも大人になったよね」なんて会話をするときに、自分たちの成長を客観的に見ることができるかもしれません。
しかし、自意識の中で気付くのは難しいもの。
ただ、これまでは馴染んでいた場所に対して、妙な違和感を感じたら、それがサインかもしれません。
まぁ元々の芯は変わっていないんですけどね。相変わらず飲み会でやらかすし。

 

なんか婦人誌のカリスマ主婦が書くコラムみたいな内容になってしまいましたが笑
ちょっと最近感じていたものを素直に吐き出してみました。

自分の中のものをお披露目するのは苦手ですが、思いついたときには、溜息をつくような感じで少しずつ出していけたらと思います。

それでは。